自宅の通信費を見直し隊

フレッツ光でマンションタイプや集合住宅向けプランの問題について

今や多くの家庭にインターネット回線が導入されています。現在は、ADSL回線から光回線に主流が移行しつつあります。特にADSLから光回線に乗り換えられる方の多くは、フレッツ光をご使用されていると思います。これは乗り換え時のキャンペーンにおいて、回線工事費無料といったことによるものと考えます。

 

しかし、マンションや集合住宅にお住まいの方は、思った以上の高速通信が出来ていないことに不満を抱えているかと思います。実際に、戸建てプランとマンション・集合住宅プランで何故、回線速度が異なるのか説明したいと思います。

 

そもそも、通信速度は光回線の引き込み方が起因します。戸建てタイプの場合、電柱などの光ファイバーの主幹線から回線を分岐させ家庭内に引き込み作業を行っています。しかし、マンションや集合住宅の場合、建物内にある通信回線の分岐盤から各家庭に引き込みを行います。実際には、建物までの光ファイバーの引き込み方法は同じものの、その中でさらに分岐をされてしまうため、通信ロスや回線使用の分配により通信速度が大幅に低下してしまいます。マンションや集合住宅に引き込まれる光ファイバーケーブルが太いものほど回線数に余裕はあるものの、実際は回線数に余裕が無いものが使用されることが非常に多いのです。マンション・集合住宅の光回線利用料金が安いのも実はその問題が起因しています。

 

このような回線速度の問題は、プロバイダや建物管理会社に相談しても無駄です。設備投資費用が掛かるため我慢するしかありません。また、改善をしたいのであれば、管理会社に許可を頂き、戸建てプランで光回線を引き込む方法が出来るかもしれません。