自宅の通信費を見直し隊

「どちらさんですか?」「ひかりです」

数年前に我が家がPCを購入した時の話になります。

 

4人家族の一軒家。私は家の大黒柱として毎日会社へ務める毎日ですが、
恥ずかしながら今まで「ぱそこん」という物は、使える者が使えばいい、と考えておりました。
ソロバンも使える者が弾けばいい、と。
しかし以前から息子達の「ネットとパソコンの重要性の説得」やら、大学への進学と寮入り等、色々とありまして、
我が家にもパソコンを置くか、という話になり、車で30分の大手家電屋さんで購入しました。

 

その際にネット回線の契約も一緒にすると数万円安くなる、と説明されたので、どうせなら、ということで工事を頼みました。
紹介されたのがNTTフレッツ光とOCNというところで、ネット契約には2社必要なのか、面倒だな、と思いましたが、
家電屋さんで全部対応してくれる一安心、ということで、その日は終わりました。

 

それから工事日の電話等は家内が担当したのですが、とにかく複数の業者から電話がある、とのことで、
「今日は回線工事の方が〜」その次は「事前確認の日程調整で〜」そのまた次は「使用確認の〜」
と、とにかく何がなんだか分かりませんが、全て家電屋さんに任せてますし、使うのは天下のNTTだから余っ程のことはないだろう、
大変なのは今だけで、工事が終われば今まで通りだ、と家内と話をしながら、日数が過ぎるのを待ちました。

 

そして工事当日。
正直言うとあっさり終わりました。
午前に工事の方が来て、その後に家電屋さんが確認に来て、午後にパソコンの人が来て、
少し拍子抜けした部分もありますが、まぁそんなもんかな、と思う横で、息子達がパソコンで何やらやっています。
こういうハイテクな物は若い方が慣れやすいとは言いますが、本当に慣れるのが早くてスイスイ画面が切り替わる。
こっちは目が白黒しながら、心の中で「(私はこれを使いこなせないな)」と思いましたが、それはそれ。

 

パソコンの使い方を息子に教えてもらう、というのは、何やら息子の成長と同時に、いつか独り立ちするんだなぁと感慨深いものがありましたが、
その時間を大事にしながら日々を過ごしました。

 

そして工事日から3,4日でしょうか。
不思議な電話が来ました。
対応した家内によると何を言っても「ひかりです」「ひかりから来ました」としか言わない。
しかも内容は、お得なプランがあるので変更ないか、というもの。

 

確かに我が家はNTTのフレッツ光と契約したのですが、工事してすぐにプラン変更?
いやお得なプランだから良いサービスなのかな?ということで、家内は何も疑わずに、プラン変更を許可しました。
そうしたら一週間後ぐらいに、また工事の人達が来て何やらやったり書いたりして、新たに書類を置いていき去っていく。
そんな話を家内から聞きました。

 

正直いって私は不安を覚えました。
そしてNTTに確認したところ、プロバイダがOCNからトッパというところに変わってる、と言われました。
何を言われているのかよく分からないので、次は家電屋さんに確認したのですが、
どうやらネット回線の管理は2つあり、NTT等の大手企業の管理する回線と、大小様々な企業が管理するプロバイダがあり、
高速道路で例えるなら、回線が高速道路そのもので、プロバイダは乗り降りする料金支払い所、というのです。

 

つまり我が家のネット回線は気付かぬ内に別のところになってしまったのです。
結局、元に戻してもらったのですが、トッパには既に入会してる、ということで解約に5000円を請求される始末。
自分の会社名がトッパならそういえば良いのに「ひかりです」としか言わない詐欺同然の手口でこれとは、全く酷い目に合いました。

 

とはいえネットは便利なものです。
これも勉強代かな?と思いながら、今は上京した息子とメールのやり取りをしています。
離れているけど離れていない、そんな新感覚の距離感ですが、
家族の架け橋になっているネットには大変感謝しております。

 

失敗したくない人はこちらのauひかりキャンペーン情報をご確認くださいね。